Flowers

プロポーズのブーケ

年に数回、「特別な日のための花」を束ねる機会を頂きます。 贈り手にとっては「特別な日」だからオーダーしてくれているわけで、 すべて気持ちを込めて束ねることに変わりはないんだけど、 中でも「人生の節目」を飾る花は、私も精一杯の気持ちを託すので、 実はすごいパワーが必要だったりします。 そして、花を選んだり、束ねたりする作業は、 感性やその時の精神状態がモロに出るので、 常に自分を磨いておかなければならないなぁと思います。 今回のブーケは、プロポーズのための花。 結果は大成功だったようで、ほっと胸を撫で下ろしているところ。 (さらに…)

20181231-rings

しめ縄リース 2018 ver.

撮りためた番組や映画を観ながら、もくもくと手を動かす日。 雑念だらけのあたまを空っぽにするのは難しいけど、切り替えができます。 今年は、私自身がたくさんの人と出会い、良縁に恵まれたので、 縁(円)を繋ぐ意味で、真ん丸のものを集めて作りました。 真ん丸好き♡笑 届いたみなさんにも、来年、たくさんの幸せが訪れますように。 23/Dec/2018

IMG_0624

花を束ねる会ークリスマスリースづくり

12月はじめの「花を束ねる会」は、過去最多の10人でクリスマスリース作り。 はじめましてさんたちもすぐに馴染み、笑いの絶えない3時間。 教えてる方も楽しかったー。 (さらに…)

IMG_0717

花を束ねる会ー女子力アンテナ!

大学院の友達を招いて、第3回目の花を束ねる会。 今回は、女子以上に女子力アンテナが高いSくんと、 一見、花とか興味なさそうなのに、いち早くこの会に反応してくれたHくん、 「難しい」と悪戦苦闘していたと思ったら、あっという間にコツを掴んで、 最後にはバッチリ可愛いブーケに仕上げたNちゃんが参加してくれました。 秋色の花材をたくさん使ったブーケ作り。 みんな上手にできましたー! 男性もフラワーアレンジメントに興味をもってくれて嬉しい。 さわやかな土曜の朝。 ちょっとした気分転換になったかな? (さらに…)

20181103-04

ウェディングブーケを使ったおむつケーキ

10月23日(火)7時13分。 妹ちゃんが母になり、私はおばさんになりました。 予定日より2週間ほど早く誕生したけど、2985gの男の子。 母子ともに元気で何より。 (さらに…)

img_9740

水無月のリース

一度作ってみたかった、水無月のリース。 完全にドライになってしまったあとだったので、若干作りにくかったです...。 手持ちのリボンで好みの色がなかったので、 もうちょっとシックな色のを探してこようと思いつつ、 まだそのままになってます。。 14/Oct/2018

20181014-01

花を束ねる会ーアンティーク色のブーケ

今週も大学院のお友達を招いて「花を束ねる会」。 いつも賑やかな3人が、集中してもくもくと花を束ねていました。 相変わらず難しい花ばっかり選んでしまい申し訳ないと思いつつ… 花が…花が可愛いんだもの、仕入れずにはいられないのですよ。笑。 秋色紫陽花と、アンティーク色のバラがたっぷり。 我ながら良い花を仕入れて来たぞ♪ スパイラルに束ねるのが難しいと言いつつも、 3人とも出来上がりはとっても可愛くなってました♡ (さらに…)

20180929-30

秋色紫陽花と黒鬼灯のブーケ

大学院の東京校イケメン代表、Yくんが転勤で大阪へ。 頭が良くて、優しくて、背が高くて、カッコ良くて、愛妻家。 どこを深掘りしても非の打ち所がないのに、みんなからいじられる愛されキャラ。 Yくん最強。もっと一緒に勉強したかったー。 イケメンに持たせたい花を、秋色紫陽花と、黒鬼灯(ほおずきってこう書くのか)、 紫色のカラーをメインに束ねてプレゼント。 イケメンは何をやってもイケメン。Yくん最強でした。(2度目) (さらに…)

20180924-01

花を束ねる会ー秋色バラバージョン

好きな花をじっくり眺めて、お気に入りを仕入れ、 ひたすら花を束ねるだけの時間を過ごしたいのですが、今は叶わず。 とは言え、花を束ねることから遠ざかるのも寂しいので、苦肉の策で、 「私が市場で仕入れてきた花を、自分でブーケにしてみたい方いませんか?」と Facebookでつぶやいたところ、たくさんのお友達が反応してくれたので、 暑さが和らいだ9月下旬に、バラを中心に秋色の花をたくさん使って 「花を束ねる会」を開催しました。 (さらに…)

IMG_9428

お花の定期便ーひまわりのフレッシュブーケ

本日までに10セット発送完了。 梱包作業してるところで宅配業者さんが集荷に来ちゃってドタバタだったけど、 娘が慣れた手つきで伝票を整理したりして手伝ってくれました。 あとは無事に届くのを祈るのみ。 (さらに…)

img_9413のコピー

← 戻る

←古い記事を見る